夢見る人体実験|3/23-4/9の記録

 こんにちは。アリです。

 年度始めの忙しさと若干の体調不良が重なり記録が先延ばしになってしまった結果、気づけば丸2週間に渡って更新できていませんでした。今は元気です!

 さて、前回の記録で次の実験は明晰夢に絞ってみるというような宣言をしておりましたが、中々明晰夢を見るのは難しいようでした。というのも、インターネット上でも明晰夢を見る方法としてはさまざまなものがありますが、明確なものではないことが多かったのです。

 私が試したのは、短時間覚醒し、もう一度眠る時に強く夢を意識するというもの(MILD法)です。簡単に言うと、二度寝をする時に夢に意識を向けるということです。これは春休暇の内でないと出来ないので、朝に用事がない日は二度寝をするというかなり自堕落に見える生活をしておりました。

 結果を最初に言うと、明晰夢は1回だけ見ることができました。それ以外はそもそも夢想起ができないか、夢想起が出来てもごく短いものが3回ほどで、長い夢想起が出来たのも1回だけでした。3/23-4/9までの14日間に渡って実験を行っておりましたが、私の夢想起の頻度は一連の実験を始める以前よりはやや上がっていると感じるものの、一般的な夢想起の頻度に比べると少ないようです。

 明晰夢の内容は、どこかの観光地の店でたい焼きかソフトクリームを選ぶというものでした。そこに至るまでの夢が若干奇妙なものでしたが、地続きの夢の中で急に自分が動けるようになった感覚で、明晰夢になってからはたい焼きが異常に安かったことくらいしかおかしなことはありませんでした。

 つまり、当初より目標としていたまともな夢を見れたと言えるのかもしれないのです。明晰夢は、心理的トラウマなどを持つ人にとってはネガティブな経験にも繋がりかねないということで、おそらく自身の心理状態が影響すると考えられますが、逆に言えば心理的ストレスがそれほどない状態で明晰夢を見ることができれば、ポジティブな夢を見ることができるのではないでしょうか。

 

参考文献

「夢をコントロール」する有効な方法が判明:研究結果 | WIRED.jp