夢見る人体実験|経過報告(3/2-3/3)

 こんにちは。アリです。

 3/2-3/3の夜にかけての夢想起に関して、実験途中ですが経過報告します。

 3/3の朝9時ごろ覚醒する直前に、大量の薬を持っているという夢想起ができました。病院に行く予定があったので、その影響を受けたと考えられます。

 こちらの記事にも書いていますが、2/27の朝も同様に覚醒する直前に夢を見たという感覚と、想起できる夢が非常に短いという点が共通しています。

 長い夢と、このような一瞬の夢の違いは何なのでしょうか。私の場合、長い夢が非常に複雑な一方で、短い夢は現実に直面していることとほとんど直接的に繋がっています。また、短い夢の内容が実際にあった経験というよりむしろ容易に想像がつくことの映像化であることから、私にとっての夢が経験の処理ではなく想像の処理であることが多いのではないだろうかということが考えられます。

 2-3秒程度の夢も含んでいるとはいえ、ホラー映画に絞った今週は先週に比べて明らかに夢想起が増えています。やはりストレスが夢想起に影響するというのは間違いなさそうです。次の実験内容は睡眠時間に関して行うことを考えていますが、構想通りに行くかは難しいところです。