夢見る人体実験|2/19-25の記録

 こんにちは。アリです。

 2/19-25の7日間に渡り毎日1作品映画を鑑賞することによって、夢の内容に何らかの影響を与えられるか実験しました。

 こちらの記事にも掲載していますが、夢は自らの体験に映像で見たものや想像が影響するので、毎日映画を鑑賞することで、作品の内容が夢に表れると予想しました。

 予想外だったのは、この期間一度も夢想起ができなかったことです。企画倒れとはまさにこのことですが、嘆いてばかりではいられません。今回の実験のレポートをしていきましょう。

 f:id:Allium_p:20210226140715j:image

 期間内に観た映画はこの7作品です。ジャンルは問わず、以前より気になっていた作品を鑑賞しました。1日に1作品というルール以外は敢えて設定せず、映画を観ることが夢想起に繋がるか、そして内容に影響するかという問題のみを考える実験になっていたと思います。

 しかし、異常に寝付きが悪い1週間でもありました。私は概ね午前2時ごろには眠くなるのですが、この実験期間中は午前3〜4時まで眠れませんでした。レム睡眠下に外刺激によって覚醒すると80%の人が夢を見ていたと回答する一方、ノンレム睡眠下では20〜60%の人が夢を見ていたと回答することから、睡眠が遅いために眠りが深く、夢想起しづらいノンレム睡眠の時間が多かった可能性はあるでしょう。

 夢想起できなかった理由としてもう一つ考えられるのは、ストレスの問題です。現在、大学の春期休業に入りかなりリラックスした状態だと言えます。内容を問わないのであれば高ストレスな環境の方がむしろ夢想起しやすいため、夢想起するほどのストレスがないことが考えられます。

 そこで、次の実験では鑑賞する映画のジャンルをホラー映画に絞ることで、ストレスを高めてみようと思います。まともな夢を見るという目的からは外れる可能性がありますが、まずはどんな内容であれ夢想起しない限りは実験にならないので背に腹はかえられません。期間は2/26-3/4の7日間とし、毎日1作品ホラー映画を鑑賞することによって夢の内容に何らかの影響を与えられるか調査します。夢想起できた場合はそちらに関してレポートしますが、企画倒れという悪夢が再び起こった場合は実験方法を見直し報告します。

 

参考文献

夢は「レム睡眠」のときに見るのウソ|NIKKEI STYLE