夢見る人体実験|はじめに

 こんにちは。アリです。

 突然なのですが、私は滅多に夢を見ません。見れたかと思えば、地球が滅亡すると言われているのに遊園地でコースターを待っていたり、駅の向かいのホームから散弾銃を乱射されたりと大抵ろくでもない内容です。それを友人に話したところ精神的に参っていることを疑われたのですが、私にとって夢とは常に突拍子もないもので、人の死や四肢の欠損、混乱が付き纏うものでした。それが珍しいことであるかもしれないと気づいたその時、ある欲求が私の中に沸き起こってきました。

 

       まともな夢が見たい!

 

 さて、夢についてはまだわかっていないことがほとんどですが、夢の意義については固まっています。それは、現実の記憶の整理と定着です。また、フロイトによると夢は普段抑圧された願望です。しかし、この見解を受け入れるとするなら、私はむごたらしい記憶を整理しているか、とんでもない願望を秘めていることになります。それでは、夢によって示されるこの奇妙な記憶や願望は、どのようにして私の凡庸な脳から出力されているのでしょうか。夢の頻度と内容に関してどの程度干渉できるのか調べることで、自身の思考回路、深層心理に迫ってみようと思います。

 これは何とかしてまともな夢を見ようと試みる一大学生による、自らを用いた人体実験の記録です。

 

 まず、人間は本当は毎日夢を見ているといいます。起床時に夢を思い出せる場合、夢を見たと感じるというのが正しいようです。

 また、睡眠は脳が活発に働いているレム睡眠と脳が休息しているノンレム睡眠に分けられます。睡眠中、レム睡眠とノンレム睡眠は周期的に起こっています。一般に、レム睡眠の際に夢を見ているといわれますが、ノンレム睡眠の場合においても人間は夢を見ているのだそうです。つまり、私が体質上睡眠中のノンレム睡眠の期間が長い人間だったとしても、夢を見ていないわけではということです。毎日見ている夢を思い出す、夢想起しやすい状況に身を置けば夢を見ることができそうです。

 夢の内容に関しては、基本的に自らの体験が断片的に表れており、映像で見たものや想像が組み合わさっていることがあるということです。つまり、映画や本に多く触れることで夢に影響を与えることができると考えられます。

 研究によると、ストレスが夢想起の頻度と関わっており、ストレスーイベントが起こった際に、どの程度それをストレスだと感じるかというような受け止め方の個人差が重要であることが示されています。簡単に言えば、高ストレス下では夢想起をしやすくなり、ストレスを感じやすい人の方が夢想起しやすいということです。

 次回、2/19-25にかけて行った実験に関してレポートします。

 

参考文献

夢は自分の記憶から作られる?悪夢の意味や良い夢を見る方法を臨床心理士に聞いてみた|LINK@TOYO|東洋大学

夢想起の頻度に人格特性とストレス-イベントが及ぼす影響